PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン二郎千住大橋駅前店

R0025074BBS2.jpg
雨の日の二郎の麺は、「オーションがしっとりと落ち着いて柔らかい味」がする気がして大好きです。

という事で朝に「仕込みを多くした」というメルマガをいただいた「ラーメン二郎千住大橋駅前店」へ。


R0025072BBS2.jpg
千住大橋駅のホーム上から二郎を望むの図

黄色い看板は見えねど、すでに「二郎香」が漂っているような気がするのは自分だけでしょうか。

雨の日ながら、ここのルーツ神保町店臨休な事もあってか、それなりの並びでした。
しかしさくさくと列は進み、10分ほどの待ちで着席です。

尚、ここのルールは「食券を買ってから並ぶ」が正しい模様です。
R0025075BBS2.jpg
小ラーメン650円。
R0025076BBS2.jpg
ニンニクアブラで。

この店のクエスチョンは「ニンニク入れますか?」という正統派です。
R0025077BBS2.jpg
厚めに構成された表面油層の下に黒いカネシ海が見え隠れしております。
R0025078BBS2.jpg
エコではないですがどうしても割り箸の方が天地返しは楽だなあ、と思いながらえいやっと麺を掘り出します。

思ったとおり。
固めの生的味わいもちろん愛していますが、空気中の水分を取り込んで優しい味わいに変化したこの「雨の日仕様」オーション麺、これがたまらないのです。
しっとりと歯に吸い付くモチ感に、多めのアブラがよく絡み、美味いことこの上なし。

「二郎を食っているんだ、今」と存分に実感する瞬間です。
R0025079BBS2.jpg
本日は特に濃い目の塩気が強いスープで、赤池地獄を派手にやらかしても全然負けていないカネシの味わい。
ガツンとやられました。

自分が勝手に提唱している「関東真っ黒醤油」に、実は二郎も当てはまるのではないか、と最近思ったりしています。
上京した時に「なんにでも醤油をかける」東京人に驚いたところから始まった、関東における醤油の使用度の高さ研究。
対象は主に武蔵野うどんだったのですが、ラーメンの方もそういう傾向があるのかもしれませんね。
捜査する範囲が広がって楽しいです。

| 二郎 | 17:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お腹が空いてる時に二郎を見てしまうと
めっちゃ食べたくなります(笑)

旨そうな写真ばかりで
二郎、行くしかないですね♪

| ラーメン美容師 | 2010/04/29 22:51 | URL |

Re: タイトルなし

>ラーメン美容師さん

二郎の写真はヤバいです。
他の方のブログ見て、食べたくなって自分も行って、それをブログに載せる。
まさに「ミイラ取りがミイラになる」スパイラルにハマってしまっております。

| pinmama | 2010/04/29 23:04 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/154-a4c876ce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。