PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

らーめん 陸

R0025820BBS2.jpg
青いサムライたちの戦いを見守る熱い祭りが終わり、少々寂しさの漂う渋谷からバスに乗り馬事公苑近くへ。

「らーめん 陸」です。


R0025821BBS2.jpg
涼しいバスに、涼しい店内。

という事で渋谷時点ではすっかりつけめん気分だったのですが、券売機前で気が変わってしまいました。

二つの壷は健在です。
なんでも夏場は大きい方が姿を消し、ニンニクはコールで入れてもらうシステムになる、と聞いていたのですが、とりあえずまだ6月の時点ではこの通りのシステムでした。
R0025824BBS2.jpg
らーめん650円。
R0025826BBS2.jpg
しかしいつ見ても「ほぼパーペキ」な盛り付けです。

キャベツの緑にモヤシの白、流行りの低温調理の如きなブタの桃色。
それらをまとめるが如くにたゆたう醤油色の海。

崩すのがもったいないところですが、さっそく壷からニンニクマシマシぐらいを投入し。
R0025828BBS2.jpg
えいやっと天地返し。

馥郁たるオーションの香りに思わずうっとり。
掴みあげて頬張れば、甘さを含んだ小麦の香ばしさが噛み上げるそばから口中に広がります。
本日は少々固めの茹で上がりでしたが、その方がここの麺の特徴をよく味わうことができるのではないでしょうか。
R0025827BBS2.jpg
スープは醤油味の濃いまさに「夏仕様」。

ブタ味のたっぷりと溶け出したトロミのあるスープは麺によくのってきますね。
飲んだら確実に命が縮まりそうなので、味見で我慢です(笑)。
R0025829BBS2.jpg
で小さい壷からもこの通りいつもの儀式を。
ニンニクと唐辛子は本当に素晴らしいと思う瞬間です。



暑い日に涼しい店内で食べる「熱い悪魔」、たとえ外に出てしまえばまた汗だく、という状況だとしても、やはり楽しいものですね。


| 旧二郎&インスパイア | 17:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/175-7a873d81

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。