PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン二郎環七一之江店

20100724 001BBS
灼熱の環状七号線上歩道橋を渡ると、暑さのためか行列はありませんでした。

本年度28軒目の直系黄色い看板、ラーメン二郎環七一之江店です。


20100724 002BBS
もちろんここへきたらこのメニュー、な汁なしラーメン600円。
食券に50円を添えて生卵もお願いします。

クエスチョンは「ニンニクは?」という感じです。
ニンニクアブラ、そして汁なしにのみトッピング出来る「魚粉」をお願いします。
20100724 003BBS
平均的な二郎の麺と言える太さです。
茹で上がりは少々柔らかめ。
20100724 004BBS
汁なし、といえばやはり頭に思い浮かぶのはこちらの一杯なのですが、一之江二郎のはちょっと違っておりまして、スープが少ない普通のラーメン、のようなイメージです。
この通りカネシが見るからにガツン、表面油層が家系なみ。
系統的には「醤二郎」にカテゴライズされるのかもしれません。

さあて、よく混ぜ混ぜしまして、まずはそのままいただきます。
20100724 005BBS
そして第二段階は、生卵のたまごのきみだけを慎重に分けて、窪めた麺の上に投入。

絡めていただくとカネシの強い風味がマイルドになり、優しさを感じる味わいに変化します。

そのまま食べていてもいいのですが、それじゃあこのブログじゃないですね(笑)。
20100724 006BBS
もちろん第三段階は、卓上の一味唐辛子をまんべんなく振りかけてカプサイシンでガツンを取り戻します。

暑い時はやっぱり辛いもの、です。
20100724 007BBS
そしてまさかの第四段階です。

卓上のギャバン缶から香ばしい黒胡椒を振りかけてみます。

ここで驚くのが、この香辛料により、先程引用した「関内二郎汁なし」に味が近づいた事です。
黒胡椒があのメニューの味の決め手になっている事が実感されます。


まさかの四段活用で楽しめ、大満足でした。
次の汁なし攻略は、西八王子からバスで行くお店になるのかな。。。

| 二郎 | 21:32 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

黄身だけ画像は匠ですね!

| えんどぅ | 2010/07/24 22:16 | URL |

Re: タイトルなし

>えんどぅ さん

ありがとうございます!

twitterではお世話になっております。
めじろ台の汁なし体験されてきたのでしたね。
うらやましいです。

早く食べに行って自分もレポりたいと思います。
これからもよろしくです。

| pinmama | 2010/07/24 23:32 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/07/26 16:12 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/185-7df8dabd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。