PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン二郎めじろ台法政大学前店

20100811 001BBS
さてなつやすみ。
宿題は、「未食メニュー」を食べる事、ですね(笑)

さっそく片付けるべく、ラーメン二郎めじろ台法政大学前店へ。


20100811 002BBS
来る道すがら、twitterを見ていると、数少ない「営業している二郎」はみな大渋滞の模様です。

「もしかして限定数出てしまっているかも。。。」
と少々焦りながら暑い中到着しますと、並びは20人ほどでした。

券売機に売り切れ表示がないのを遠くから見てほっとしました。

という事で新メニュー、小ラーメン650円に合わせて「汁なし」100円、「粉チーズ」100円の食券を購入します。
20100811 003BBS
麺少なめ、ニンニクアブラです。

「関内二郎の流れを汲む」汁なしだというのが事前情報でした。
フライドオニオン、真ん中の卵黄、確かに見た目からしてそれを感じます。

丼が黒いのは新鮮な感じを覚えますね。
20100811 005BBS
まずは底の方に沈むタレ部分を観察してみます。

本日もほぼ8割がアブラコールをしているめ二郎。
まだ上の固形アブラを混ぜ込む前のカネシ海は、通常メニューと同じくライトな印象です。
20100811 004BBS
卵黄を粉チーズ側に寄せて、まずは「ニンニク+フライドオニオン」コーナーを静かに天地返しです。

割り箸+少なめなので、スムーズに事が運びます。

標準的な二郎の太さ、な平打ちの麺は、噛むとオーションの味わいが中心から立ち昇ってくる少々固めの仕上がりです。
メジジ麺、相変わらずの高水準ですね。
20100811 006BBS
さて黒丼の反対側は、このメニューの元となっていると思われるここと同じやり方で、カルボナーラ状態にして味わいます。

とろり、とカネシの染み込んだオーション麺に絡みつく濃厚な卵とチーズに、弾ける黒胡椒のスパイシーさが加わり、思わずワインが飲みたくなるほどです。
20100811 007BBS
またもや「二度美味しい作戦」で楽しんだ後は、三番目の楽しみ方です。

はい、毎度おなじみの赤池地獄ですね。
徐々にカネシと同化しつつある固形アブラとともに麺にたっぷりと絡ませていただく、ジロリアンだったらたまらない時間だと思われます。



夢中になって食べながらも気づいたのですが、こちらのお客さんの食べる早さは素晴らしい。
それこそ、汁なしの元祖、横浜関内店に匹敵するレベルではないでしょうか。

さっと大ブタなど食べて「ごちそうさま」していく方々に、心の中からエールを送りました。

| 二郎 | 20:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは!

pinmamaさんが、つけ味以外のメニューをめ二郎で食してらっしゃる♪

汁なしの味は想像通りでしたか?
想像以上でしたでしょうか?
関内は未食ですので私は比較できませんが、
それぞれのよさがあるのでしょうね♪

pinmamaさんのレポはやはり素晴らしい!!です(^◇^)
私も食べる事に専念してないで、
いつかはpinmamaさんのようなレポ書きたいものです。

め二郎の休み明けに、汁なし・・・かっこみたい!

| みるねぇ | 2010/08/12 19:54 | URL |

Re: タイトルなし

>みるねえ さん

関内二郎の汁なしは、自分にとっての「神メニュー」なので、それを超えた、というわけにはいきませんが、これも素晴らしい一杯でしたね。
つけ味と悩みそうです今後。

レポートは哀れなる二郎中毒者の戯言、だと思って流してください(笑)。
常に妄想の中で生きております。

好きな二郎が休みだといっそう食べたくなってしまいますね。
本当に恐ろしい食べ物です。

| pinmama | 2010/08/13 11:51 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/190-02188790

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。