PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

らーめん 陸

R0026331BBS2.jpg
「店内が涼しくて、できればつけめんのある黄色い悪魔に行きたい」という我儘の適うお店は、世田谷通り、馬事公苑手前あたりにあります。

農大一高前「らーめん 陸」です。


R0026333BBS2.jpg
つけめん750円。

塩と迷いましたが本日は基本の醤油の方です。
R0026335BBS2.jpg
まずはここの素晴らしい麺をそのままいただきます。

二郎では見たことのない捩れぶりは相変わらず。
ざらり、と舌を掠める褐色の麺肌にがっしりと歯を入れますと、香ばしいとも言えるまでの小麦の味わいです。
R0026334BBS2.jpg
ぷん、と香る柑橘系。

アブラコールしたので、少々乳化気味に見える褐色の海です。
胡麻油の風味も感じられます。

もちろんこのままではなく。
R0026337BBS2.jpg
壷からニンニクマシマシです。

結局、今年は「夏場ニンニクコール制」は採用されなかったようですね。
自分で加減して入れられるので、もちろんこの方が有難いわけですが。
R0026338BBS2.jpg
これだけ赤池地獄に落としても、全然変わらぬ小麦の風味。

いやあ、何度食べてもシビれるつけめんです。



ブログの過去エントリを見ましたら、最近陸には月イチで来ていますね自分。

もちろん上野毛二郎の流れを汲むお店として有名なここ陸ですが、自分の中では、そのジャンルに捕らわれず、「東京のつけめん」という括りの中でも大好きなお店なのです。

といいつつ、次はちょっと涼しくなった頃に来て熱い方を頂きたいな、なんて思っているのでした。

| 旧二郎&インスパイア | 18:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/194-b8367e72

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。