PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン二郎松戸駅前店

20100904 001BBS
本年度全店廻り30店めの黄色い悪魔は、ちょっと緊張するお店を選んでみました。

ラーメン二郎松戸駅前店です。


20100904 002BBS
マツジに来店する場合、いくつかのルールを知っておく必要があります。

インターネット、という便利なもののおかげで、それは多くの人々に把握されているようです。

「店内で待つのは二人まで。『壁を背にして』立つ事」
「券売機の前では待ってはいけない。」
「他の人は外で入口向かって右側、飲料自販機の方に曲がって並ぶ。」

まずは着席までのルールを常磐線内にてiPhoneで再確認し、ちょっとドキドキしながらダイエーの前の三角の店に到着。

なんとか問題なく着席まで辿り着きました。


券をカウンター上に置いて次の段階へ。

自分のロットを作り始める番の前に、「松子さん」こと奥様が、

「ニンニク入れますか?」

と質問されますので、そこで「全ての好み」を伝えるシステムです。

「ニンニクと、麺固め、をお願いします。」

小ラーメン700円が到着です。
20100904 003BBS
着丼と共に緊張感が解け、ここからはいつもの、
「黄色い悪魔と至福のランデブー」
な時間帯です。

たっぷりのスープをこぼさぬように満身の注意を払って天地返し。


デフォルトでは相当柔らかめだという麺、固めだとしっかりボキ感があります。
がしっと麺を掴みあげ、口中に押し込み、大臼歯でゴリゴリと擂り潰します。

オーションの香りにうっとりです。
20100904 004BBS
表面脂層はけっこうな厚めで、神保町や千住大橋を思い起こさせます。

しかし掻き分けて下の方を探れば、カネシをたっぷりと溶き込んだ黒い海。
「東京の東側」の二郎だなあ、とニヤリ。
20100904 005BBS
もちろん着席時に肉眼で確認済みの缶から赤いお化粧も施してこの美味い麺をわしわしと頂きます。


店内には私語の一つもなく、ただ麺を啜る音だけが響く殺伐度。
家族連れの多い多摩の二郎と比べると、
「これが同じ黄色い悪魔なのか。」
と思わさせられる瞬間です。

最後は丼を上げて、テーブルを拭いて「ごちそうさま」なのは、全ての二郎に共通のルールですね。

尚、野菜を増した場合は完食必須、という一項目もありますので注意が必要です。


とにかく「間違い」さえ犯さなければ全然おっかなくない黄色い悪魔です。
味は全二郎の中でも相当上位に入るのではないかという素晴らしさでした。


「何事にも予習は必要」
である、というのがよくわかったマツジ訪問でした。

| 二郎 | 22:29 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おはようございます!

最初の1行目が目に入った時から、私までドキドキドキ・・・(笑)

松戸まではなかなか行けないと思っていたので、これまで全くのノーチェックでしたが、これでいつ行く事になっても大丈夫ですっ(^◇^)

今回はアブラコールなかったようですが、松戸はその方が良かったのでしょうか?

あと4店舗(ですよね?)、もう射程圏内ですね♪

| みるねぇ | 2010/09/05 08:17 | URL |

Re: タイトルなし

>みるねぇ さん

ひとつ書き忘れました。

マツジは「アブラマシ」ができないのです。
「アブラ少なめ」はOKなんですが。
ここ大事でしたね。松子さんに叱られてしまいます。

いろいろとビビリますが、本当に美味しい二郎でした。
決めごとさえ守ればいいわけですから、恐れることなく食べに行ってみてくださいね~。

| pinmama | 2010/09/05 09:29 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/09/08 15:40 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/199-8b3d4dd5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。