PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラーメン二郎ひばりヶ丘駅前店

20090711 003BBS2
「ヒバジ切れ」を激しく感じたので行ってまいりました。

今回は始めて自転車で行ってみたのですが約50分ほどで到着。


20090711 006BBS2
「二郎は並んでいるときからもう食べ始めている。」

自分の持論です。
『今日の麺は細めかなこの前より』
『スープのアブラの程度はどんなもん?』
『ブタ、端っこがくればいいなあ。。。』

ケータイをいじっているだけに見えて、皆脳内そんな風に思っているに違いない。
なんて妄想するのがまた自分の想像。

本日も麺少なめニンニク650円で。
20090711 008BBS2
さっそく天地返しして頂きます。

いやあ、すごいですなこの液体アブラ。
メグジかと思いました(笑)。

しかしその下にあるのはカネシ色ではなく白濁した乳化の海。
多摩二郎的特徴のスープです。
20090711 009BBS2
赤池地獄にも「へっちゃらさ!」とほくそ笑むかの如くなオーションバッチリの麺。

ゴワボキでもなく、モチモチでもない絶妙なる歯触り。
これはこの二郎平均より若干細めの麺の特徴。

うんめー、うんめーとあっという間に無くなってしまう、という結論です。


吉田店主の美しい手さばきで作りだされる一杯、本日も堪能させて頂きました。

| 二郎 | 22:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ここの乳化加減いいですよね~
目黒のカネシとアブラのハーモニーもいいですが
ここの乳化とアブラのハーモニーもいいですよね♪

| めぐろ | 2009/07/21 01:49 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>めぐろさん

ヒバジの粘度が高い乳化スープは最高です。まさに「多摩の二郎」という感じですね。
そうそう、メグジの「山の手の二郎」な、カネシ利いたのも大好きなんですけどね。
二郎は奥が深い食べ物ですなあ。

| pinmama | 2009/07/22 13:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/20-8c877250

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT