PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン二郎めじろ台法政大学前店

20101120 001BBS
物言えば 唇寒し 秋の空

なんて芭蕉の句を思い出しながら、てくてくとめじろ台駅から歩いてラーメン二郎めじろ台法政大学前店を訪問です。


20101120 003BBS
歩きながら悩みまくります。

汁なし、つけ味、汁なし、つけ味。。。

ココロの中で囁く声が。
「汁なしは他でも食べれますよ。
だけど、つけ味は?」

ラーメン650円+つけ味ラーメン(にしてもらう券)150円を選択しました。
20101120 004BBS
このメニューのキモは、

「つけ麺と同じくらいの麺量」

なので、もちろん麺少なめでお願いします。
「あ、あとカタメで。」

「カタメ少なめの方~。」
「ニンニクアブラでお願いします。」

若き女子助手さん、これは萌えですね(笑)。
20101120 006BBS
美しきてっぺんに盛られたアブラ観賞を素早く済ませ、下に送り込み天地返しです。

箸で掴もうとしたら、
「麺、ながーい。」
と思ったのは、一昨日の目黒二郎が短い麺が特徴だった、という事もあるのでしょうかね。

臆せず口中に投入し、少々捩れの入った形状の麺肌をまずは舌で愛で、奥に送り込んで大臼歯で咀嚼してみます。
メジジらしいゴリ感、ののちに広がる小麦の味わいに昇天です。
20101120 005BBS
ライトなスープに増したアブラが溶け込んで徐々にとろみが増していくのもここの楽しみの一つです。

8割がたアブラ、とコールする二郎はここだけではないでしょうか。

つけ味の柑橘系の爽やかさと、アブラの凶暴さの共演は、経験した方にしかわからぬであろう「超複雑味」。

ひとつ言えるのは、
「ハマったら何度でも食べたくなる」
麻薬系の魅力です。

自分の中では「関内二郎の汁なし」の後に続いているんではないか、というヤバさですね。
20101120 007BBS
同じ黄色い悪魔でも、何か「ゆっくりと時間が流れている」気がする多摩の二郎。

殺伐の中で自分を鍛えるのもいいですが、休日にそんな雰囲気で素敵なオーション麺を楽しむのも素敵なものです。


いよいよ新しい店の開店情報が流れだしました。
来月の黄色い関係はそれが一番の話題間違いなし、ですね。

| 二郎 | 20:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うふふふ・・・

おはようございます。

め二郎についつい反応してしまう、イケナイ私。
私は関内には、なかなか訪問できないので
最近は汁なしの比率が断然高いですが、やはり
つけ味も捨てがたいんですよね(^_^;)

あの若い女性助手さんは、本当に無駄な動きがなくて
『仕事ができる』って感じですよね。

横浜新店は、年が明けてからの訪問になると思いますので、
pinmamaさんのレポ楽しみにしてます(^◇^)

| みるねぇ | 2010/11/21 08:56 | URL |

Re: うふふふ・・・

>みるねぇ 様

やはりめじろ台ではつけ味、と刷り込まれているようです。
汁なしも美味しかったんですが、あの「柑橘系のライトスープにアブラマシしたのをメジジ麺に絡めて食べる」魅力には勝てない気がします。
あとつけ味もスープは少なめなので汁なしに近い、ってのもありますね。

ヨコハマ方面のは、当日レポはしませんが年内には、と思っております。

| pinmama | 2010/11/22 00:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/229-2c470931

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。