PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

らーめん陸

R0027563BBS2.jpg
名物「ボロ市」が終わり、まさに祭りの後、といった雰囲気の世田谷通り。

農大一高前「ラーメン陸」に行ってまいりました。


R0027564BBS2.jpg
ここでの注意事項は、
「トッピングは食券を渡す時に伝える」ことですね。

ヤサイ、アブラ、カラメなのは二郎と同じです。
R0027566BBS2.jpg
で、ニンニクは「自分でマシマシ」するシステムなので、壷から自由に入れる事ができます。

このお店の好きなところの一つでもあります。
R0027565BBS2.jpg
ラーメン650円。
アブラマシでお願いしました。
R0027567BBS2.jpg
心の中で、
「ニンニクでお願いします。」
と唱えながら、壷からえいやっと投入です。
R0027568BBS2.jpg
そして箸を入れて上下を返します。

いつもながらに素敵な褐色の艶めかしい麺とご対面です。

ちぢれた形状が歯髄を気持ちよく刺激するのを楽しみながら歯で捉えて咀嚼すれば、香ばしい小麦の味が炸裂です。
ここの麺ほど、
「オーションは本来パン用の小麦粉」
である事を実感できるお店はなかなかないのではないでしょうか。
R0027571BBS2.jpg
とろりん、としたブタポタなスープが、その香り高き麺によく絡みつき、美味しいことこの上なしです。
R0027569BBS2.jpg
赤池地獄は、中本風に壷に入っている一味だと過激になりがちです(笑)。

この店に来たらぜひこの「二つの壷」を楽しんでみる事をお奨めいたします。

| 旧二郎&インスパイア | 17:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/240-1837d3c7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。