PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン二郎中山駅前店

R0028089BBS2.jpg
立春を迎え、長い並びにも大丈夫そうに暖かくなった本日の首都圏です。

ラーメン二郎中山駅前店にやってまいりました。


R0028090BBS2.jpg
並ぶ気満々で到着しましたら、行列は10人ほどでちょっと拍子抜けです。
さすがに落ち着いてきたという事なのでしょうかね。

頂いた情報どおりに、卓上には一味唐辛子の容器が登場しておりまして、思わずにやついてしまいました。
R0028091BBS2.jpg
小ラーメン麺かため650円。
R0028092BBS2.jpg
助手さんより、
「はいかための方~?」
「ニンニクアブラでお願いします。」

白いアブラが山頂の雪の如くにのせられ、美しい丼相です。
R0028093BBS2.jpg
見とれる間もなく一気に天地返しを執り行います。

褐色の麺は、先月の初回訪問時よりも幾分細めの印象です。
滑らかな麺肌はそのままで、かため指定な事もあり最初は芯にボキ感がありますが、次第にそれがもっちりした歯触りに変わってまいります。
R0028094BBS2.jpg
そしてブタの風味は濃いながら乳化は無し、の「醤二郎」なスープは、カネシ醤油の輪郭がはっきりとわかるもの。
アブラが次第に溶けこんでとろりとしてきた所を、麺とヤサイに存分に絡めていただきます。
R0028095BBS2.jpg
そして前回出来なかった赤池地獄を楽しむ時間がやってまいりました。

カプサイシンとカネシの相性はやはり抜群ですね。

殺伐度も全くという程無く量も程々、「マイルドな黄色い悪魔」というイメージのお店として定着しつつあるのではないでしょうか。

| 二郎 | 19:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/267-2aee77ce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。