PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン二郎荻窪店

20110306 023BBS
正面からよりこの青梅街道方面から見る方がこの看板は目立ちますね。

ラーメン二郎荻窪店です。


20110306 024BBS
ラーメン麺少なめ650円に現金20円を添えて生唐辛子をお願いします。
20110306 025BBS
「はい少なめの方ニンニクは?」
「ニンニクアブラでお願いします。」

ちょうど山のてっぺんにキャベツの芯がのって可愛い感じです。
20110306 027BBS
さっそく天と地を返して、ここのお店独特の麺とご対面です。

褐色の四角い麺を掴みあげて口中に投入しますと、つるつるとした麺肌が舌の上を滑り、そこを歯で押さつけて咀嚼しますと、武蔵野うどんに近いような食感で強い抵抗を見せます。
20110306 028BBS
まさに「醤二郎」、クリアな茶色い海です。

アブラコールしても軽めで、二郎なのに「東京の中華そば」をどこか感じてしまうのは、ここが荻窪という場所というのかもあるのかもしれませんね。
20110306 026BBS
生唐辛子は麺と一緒にいただくとこれも他ではない辛さが新鮮ですね。
20110306 029BBS
一本しかない一味唐辛子ボトルそばの席だったので、無事に赤池地獄ができたのはラッキーでした。

相変わらずの独自路線な味を貫いている荻窪の黄色い看板でした。
次回はこの麺をもっと堪能できるであろうつけ麺を食べてみたいと思います。

| 二郎 | 09:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/283-e12a0864

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。