PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラーメン二郎八王子野猿街道店2

20110708 002BBS
日替わりで魅力的なサイドメニューがあるとの話でやってまいりました。

京王堀之内駅から通りを二本渡って着いたのは、ラーメン二郎八王子野猿街道店2です。


20110708 003BBS
サイドメニューとはこれですね。
食券をカウンターに出す時に100円を添えて「気まぐれたまごを。」とお願いします。

これは「白」と呼ばれている味だと思います。
「黒」や「味噌」の日もある模様です。
20110708 005BBS
小つけ麺麺少なめヤサイ少なめ850円+気まぐれたまご100円。
20110708 004BBS
「はいつけ麺少なめの方ニンニクは?」
「ニンニクアブラでお願いします。」

これはもう「アブラマシ」ではなく「アブラ塊」と呼ぶしかないのではないか、という凶悪な丼が届けられました。
20110708 006BBS
ちょっと動揺してしまいましたが、まずは気を落ちつけようと麺をそのまま数本震える箸で掴み上げ、口中に投入です。

本日は少々細めな印象ですが、程良い表面のザラ感を舌で楽しみ、歯を当てますと結構な押し戻しの抵抗を見せながらボキリと噛み切れるまさに黄色い悪魔な麺です。
20110708 007BBS
めじろ台とは違い、酸味は少なめのトロリとしたブタポタなスープには濃いめにカネシが加えられております。

先程の「塊」には程々にとろけてもらったところを麺とヤサイに絡めて極楽気分を満喫します。
20110708 009BBS
カプサイシンの赤い刺激も十分に楽しんだのちは。
20110708 010BBS
たまごを割ったところに麺とヤサイとアブラ、卓上カネシで調整しながら「セルフ油そば」にしてみました。

しっかりと味が入っている半熟の黄身をこの素晴らしい茹で上がりの麺に塗しますとまさに昇天気分ですね。

この「銀色の器」はまさに七変化で野猿街道の美味しさの脇役を数々演出してくれている憎い奴だと思います。


20110708 012BBS
もう一つの野猿街道名物、「ダ・ルチアーノ」にももちろん立ち寄りました。

相変わらずのキャラメルの「これ以上でもこれ以下でもあってはいけない微妙な苦み」に瞠目です。
レモンの爽やかさに暑さもどこか行ってしまうようでした。

| 二郎 | 20:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。

きまぐれたまごはカレー味もありますね。
行ってみないとわからない、まさに“きまぐれ”たまごなので毎回楽しみです。
先日、野猿ご店主出演の「ラーメントーク」に参加しました。
色々と爆笑な話が聞けました。

ダ・ルチアーノ美味しいですよね~。
いつも野猿の夜の部に行くので、ダ・ルチアーノにはナカナカ寄れなくて・・・・。

| カート | 2011/07/08 22:21 | URL |

Re: タイトルなし

>カートさん

カレー味食べたいです!
でもこの白も十分美味しかったです。
新小金井街道店でも時々あるので頼んでみたいと思います。

また本日魅力的な限定があるみたいですね。
ちょっと敷居が高そうですが。

ダ・ルチアーノのジェラートは素材の味が大切にしてあって最高です。
アフター二郎まで備わっているサルジ、お近くの方が本当に羨ましいですね。

| pinmama | 2011/07/09 06:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/328-0f6d1844

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT