PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン二郎小岩店

201101021 001BBS
西台だけでなくこちらのつけ麺も終わってしまったようで、「真夏の夜の夢」だったのかもしれませんね。

通常モードに戻っているラーメン二郎小岩店の行列は10人ほどだったでしょうか。


201101021 002BBS
自分も通常モードに戻り、卓上調味料でいつものように準備をして着丼を待ちます。
201101021 003BBS
少なめラーメン650円+生玉子50円。
ブタは一枚にしてもらいました。
201101021 004BBS
「はい少なめの方ニンニク入れますか?」
「ニンニクアブラでお願いします。」
つけ麺ではできなかったアブラコールができるのは久々でなんとなく新鮮な気分です。
201101021 005BBS
アブラ殿にはスープで働いて頂く事としまして、まずは麺とのご対面です。
標準的な二郎の太さですが厚みのあるのを数本掴みあげて口中に投入し、艶やかな麺肌を舌で楽しんだ後に歯を入れて小麦の濃ゆい味わいを炸裂させます。
水で締めた麺も最高でしたが、これもまた久々のスープの熱さを纏った麺も素晴らしいですね。
201101021 007BBS
店主さんが丁寧に掬って作り込んだスープには増さずとも多めのアブラが泳ぎ、厚めの表面脂層を掻き分けると黒いクリアなオーションの海です。
シャキシャキサヤイと素敵な麺に絡ませて夢中で啜り込む至福の時間の到来です。
201101021 008BBS
メイン丼の方でも赤いスパイスの味を楽しみながら。
201101021 009BBS
サブ小鉢の方ではこの通りにすき焼き二郎を作成です。
麺の温度を下げる効果もありますので、スピード調節にももってこいの食べ方かと思われます。

つけ麺の記憶は来年までお楽しみという事で、いつもの小岩店の美味しいラーメンを堪能し大満足でした。

| 二郎 | 10:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/372-9d67b2c7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。