PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

魔人豚

201101029 001BBS
気になっていた未食メニューをいただこうと、刈り入れの済んだ田を眺めながら東武東上線に揺られての到着です。

鶴ヶ島、魔人豚はちょうど一席空くところで待たずに入店できました。


201101029 002BBS
つけ麺800円。
201101029 005BBS
「はいつけ麺の方は?」
「ニンニクアブラでお願いします。」

店主さんの修業先が見える「多摩二郎」なルックスの丼が届きました。
201101029 004BBS
まずは褐色の艶めく麺肌に触れてみます。
太めの仕上がりで、歯を押し戻す弾力があり、武蔵野うどんのようです。
もちろん製麺機の横に積まれている袋はオーションで、その味わいがぎゅっと詰まっております。
201101029 006BBS
スープに箸をいれると胡麻油が香り、街道沿いの黄色い悪魔の片鱗が垣間見えますね。
酸味はなく、ライトなブタ味かと思いましたら、アブラが溶け込むうちに濃厚になっていきました。
醤油の風味だけが違うのが直系ではないことを表しております。
201101029 007BBS
一味唐辛子と香ばしい小麦の風味はなんて相性がいいのでしょう。
スープなしでもどんどん食べられそうです。

すぐそばの箱根駅伝での活躍が期待される大学の学生さんで賑わう店内、「大学前のボリュームのあるお店」としてすっかり定着したようですね。

| 旧二郎&インスパイア | 09:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/375-b6d20431

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。