PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン二郎八王子野猿街道店2

20120225 003BBS
週中は暖かい日もあり、やっと春がやってきたのかと思いきや、またもや冷たい雨が降り温度の低下した週末の多摩の街です。

雨上がりの曇り空の下、京王堀之内駅から到着したラーメン二郎八王子野猿街道店2にはなんと行列ゼロというタイミングの良さでした。


20120225 004BBS
券売機の上の貼り紙を確かめ、ほっとして席に着き食券に100円を添えて着丼を待ちます。
20120225 005BBS
たまごかけつけめん3麺少なめ850円+100円(現金)。
いつものようにブタは一枚にしてもらいます。
丼に二個の生卵を溶き、茹で上げの麺を投入、そして鰹節のトッピング、というのが卵かけつけ麺の概要ですね。
20120225 006BBS
「はいつけ麺の方ニンニクは?」
「ヤサイ少なめニンニクアブラでお願いします。」
見るからにクリーミィに乳化したスープが見てとれて心躍る瞬間です。
20120225 007BBS
魅惑のスープの方はアブラを下に沈めて待機してもらい、まずはダンスを踊る鰹節をそっとめくり上げ、黄色い衣を纏った麺とのご対面です。
まずはそのまま箸で掴み上げ、艶やかに光を放つその麺肌を舌の上で転がしながら噛みを入れますと、たまごのきみの甘みの下から小麦の濃厚な旨みが吹き出し、恍惚の境地に陥る気分です。
20120225 009BBS
そのまま食べ続けてしまいそうになるのを押しとどめ、トロトロの海にその麺を鰹節と共に運び漬け込んで蕩けたアブラと共に頂く至福の時間の到来です。
20120225 008BBS
いわば「かまたま」の状態になっている麺に一味唐辛子を降らせ、卓上ラーメン二郎専用醤油も少々加えて、油そば風に頂くのも素晴らしいものでした。

今年も野猿の限定は超ハイレベルで推移するであろう事をこれで確信致しました。


20120225 011BBS
もちろんダ・ルチアーノでの「アフター二郎」でフルコースです。

季節を感じるここのフレイバーに於いてはもうすっかり春ですね。

| 二郎 | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/411-64dbf323

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。