PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン二郎めじろ台法政大学前店

20120303 001BBS
23区では既に姿を消した二日前の雪が残る多摩の街ですが、過ぎゆく風には春の雰囲気が香る土曜日です。

ラーメン二郎めじろ台法政大学前店の前の待ち人は3人ほどでした。


20120303 002BBS
多くの殺伐とした黄色い看板のお店と違い、ここではゆっくりと時間が進むようです。

先に提供される小鉢には卓上調味料にて準備を施します。
20120303 003BBS
小ラーメン650円+つけ味150円+生卵50円。
20120303 004BBS
「はい少なめつけ味の方?」
「ニンニクアブラでお願いします。」

キャベツが芯部分近いようで白が強調されておりますがいつも通りの素晴らしいシャキシャキな茹で上がりのヤサイです。
20120303 005BBS
といいながらまずは最もな目的であります「め二郎麺」に突撃です。
天地返しする手にはすでに弾力ある小麦の勢いが伝わり、数本を掴みあげて口中に投入しますと撓りながら奥に滑り込んでいくところをしっかりと歯で捕らえて噛みを入れます。
言わずもがなの粉の味わいが炸裂し、香りが粘膜を直撃するのを朦朧としながら受け止める至福の時間です。
20120303 007BBS
クリアな風に見えながらも濃く溶けだしたブタの味わいに、つけ味という事で柑橘の爽やかな酸味がしっかりと効かされているところに増したアブラが浮き沈みする、そのビジュアルだけでも美味しさが伝わってまいりますね。
20120303 006BBS
もちろんさらに一味唐辛子のシャープな辛さを投下します。
20120303 008BBS
後半、その複雑な旨みをしっかりと吸いあげた麺に生卵を絡ませ、「つけ味すき焼き」にしていただくのがたまりませんね。

食後めじろ台に向かう道にはいい感じの暖かい風が吹いておりました。
バス使用で遠いイメージのこのお店ですが、気候のよろしい時分には京王線めじろ台駅からの徒歩での訪問もお薦めです。

| 二郎 | 11:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/413-cdbc7318

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。