PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン二郎西台駅前店

20120317 001BBS
都営地下鉄「春」のワンデーきっぷが本日より発売になりましたので、早速「普段交通費がかかる」お店への出撃です。

雨でも濡れずに行ける高架下のお店、ラーメン二郎西台駅前店の前には5人ほどの待ちがありました。


20120317 003BBS
「行列仕分け人」の異名を持っていた店主さんの修業時代が反映されているのでしょう、ここでは助手さんの仕切りが素晴らしいです。

指示に従い店内待ちは常に4名、食券と共にトッピングのコインをカウンター上に乗せますと、先に供されますので準備をしてワクワクタイムを楽しみます。
20120317 004BBS
小ラーメン麺少なめかため650円+小ネギ100円+生卵50円。
20120317 005BBS
「はい少なめかための方ニンニクは入れますか?」
「ニンニクアブラでお願いします。」
油そばと悩みながらも選択した久々のここのスタンダードな丼登場にテンションが上がりますね。
20120317 006BBS
たっぷりと乗せていただいたアブラにはスープの方に仕事に行ってもらい、まずは箸を差し込んで天地返し、麺とのご対面です。
パスタのリングイネの如くな平べったさのその麺を掴み上げ口中に投入しますと、かため指定でもゴワ系ではなくもちりと歯が沈み、たっぷりと噛み切り感を演出しながら吹き出す粉の味わいが濃厚です。
20120317 009BBS
落とし込んだアブラがプカプカと浮かぶスープは先週の京急川崎店に続きまさに「醤二郎」なクリアに澄んだものですね。
ブタの味わいは溶かしこまれ、そこに濃いめに効かされたラーメン二郎専用醤油が味蕾をガツンと刺激し、箸の動きがどんどん加速していきます。
20120317 008BBS
刺激は赤い方でもプラスして楽しむのもいつも通りですね。
20120317 010BBS
そしてもちろん一番の楽しみは「ネギすき焼き二郎」なのでした。

後半スープを充分に吸い込んだ麺でやるのが一番のお薦めです。
ネギがシャクシャクと素敵なアクセントになり、色合いも綺麗ですね。



20120317 016BBS
せっかくのフリーキップがあるので、またもや「鉄道の歴史」の中で終りがたくさんあった昨日16日でしたが、あえて本日の新しい方を肉眼で確認してみようかと思いつきました。

本日より東武伊勢崎線の東武動物公園までを改め東武スカイツリーライン、の、業平橋駅改めとうきょうスカイツリー駅に行ってみました。
20120317 019BBS
霧雨に煙るスカイツリーもまたいいものですね。


もうじき「東京一番人が多い場所」はこの周辺になるのかもしれません。

| 二郎 | 21:04 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

赤いアレは、自分がほしいと思うタイミングでかけるのが良いですね。
ラーメン荘ではいつも唐辛子別皿でお願いしています。

そういえば中本の記事は上げないんですか?
赤いアレが好きな者としては中本レポも読みたかったりします。

| むんたま | 2012/03/17 22:27 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>むんたまさん

立川のその先には赤いのがなかったので、持参してかけたのを思い出しました。
荘系列は調味料持ち込み自由がウレシイですね。

中本も食べてはいるのですが、どうもこのブログはジログとして歩きだしてしまっているので、中々書けないですね(笑)。
気になっている蒲田店に行くことができたらその時は書いてみたいと思いますw

| pinmama | 2012/03/18 22:04 | URL |

2種類持ち込んでませんでしたっけ?(勘違い?)

私はいつもレモン果汁と生姜チューブを持参しています。
カエシに漬け込まれたアブラをレンゲに取り、レモン果汁を垂らして、麺をパク、アブラをパク、モグモグが定番です。

中本記事、お待ちしております。

| むんたま | 2012/03/18 23:58 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/415-13768489

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。