PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン二郎ひばりヶ丘駅前店

20120320 008BBS
暑さ寒さも彼岸までとはよく言われますが、言葉通りに季節が確実に変わりつつある気温をしっかりと感じとった今年の春分の日の東京でした。

墓参をつつがなく済ませた後に精進落としに向かったラーメン二郎ひばりヶ丘駅前店の前には、祝日営業の故か、数人の待ちがあるだけでした。


20120320 009BBS
ラーメン麺少なめ650円。
20120320 010BBS
「はい少なめの方ニンニクは?」
「ニンニクアブラでお願いします。」
イタリアンシェフの如くなトング捌きの店主さんが、スープの寸胴からゴロンゴロンとアブラを入れてくれまして嬉しい気分になります。
20120320 011BBS
箸を入れた時にそのたゆたう液体の粘度に驚きながらも、まずはこちらからと麺との対面を果たします。
昨秋まではいつでも行ける黄色い看板でしたが恵比寿勤務になった今はなかなか「会いに行けない」アイドルになってしまったヒバジのオーションです。
震える指で掴み上げ口中に投入しますと、今回はバキ感よりはモチ感寄りの食感で、沈む歯の間から吹き出していく香りと甘みに身も心も囚われます。
20120320 013BBS
何度も食べているここひばりヶ丘ですが、これだけの濃厚に会ったのは初めてだと思われます。
本当に「箸が立つ」んではないかと思うほどでした。
ひたすら主張するまさにブタポタな味わいに塩分強めのラーメン二郎専用醤油も負けじと強い存在感、なにかもう二度と出会えない味ではないかと夢中で麺に絡めとります。
20120320 014BBS
一味の雪もこれだけの濃い味にはちょっとたじろくのではないでしょうか。

そいうえば去年の春分の日も
ここでラーメンを食べたのでした。

あの時はアブラもガソリンもなかったですね。

美味しく二郎を食べられる幸せ、今後も忘れずに一杯を大事にして食べ歩きたいと思います。

| 二郎 | 21:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/417-7fc6e2e3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。