PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン二郎府中店

20120503 001BBS
くらやみ祭り3日目の府中の街、あいにくの雨は午後に向かってどんどん激しくなってまいりました。

ラーメン二郎府中店に到着した時は店内数名の待ちでしたが、後ろに次々とお客さんがやってきまして長い行列を作っておりました。


20120503 003BBS
ザルラーメン700円+温泉玉子100円。
麺は食券を渡す時に「あつもりで」とお願いします。
20120503 004BBS
「はいあつもりの方ニンニクは?」
「ヤサイ少なめニンニクアブラでお願いします。」

たっぷりと盛られた丼が次々と渡されるのを見て保険を掛けるコールになりました。
20120503 006BBS
まずはそのたっぷりめな上の具に隅に寄ってもらい、全二郎で一番太いと思われるここの麺にご対面です。
丼に貼られた素のスープに浸かった麺肌を食事とは思えないほどの力を込めて掴んで引きずり出し、さっそく畳んで口中に入れますと、歯を押し返す弾力に一瞬怯みますが、噛みを入れてもっちりとした食感と小麦の味わいを楽しみます。
20120503 005BBS
刻まれたブタと増したアブラがトロトロと乳化したスープに溶け込んだのを、その麺とヤサイにとっぷりと浸し、啜り込むわけにはいかないので手繰り寄せながらの咀嚼行動になります。
20120503 007BBS
ここの赤い雪は「パフパフタイプ」の容器で一度に沢山の量を降らせる事ができますね。
20120503 008BBS
後半、スープの熱でだいぶ「緩んだ」状態の麺に崩した温泉玉子を塗し、「変則すき焼き二郎」にして食べるのがここのザルラーメンのお約束です。
凶暴な噛みごたえで疲れた口中に優しさを加え、一気にフィニッシュに持っていける味変ですね。


府中の麺はやはりラーメンよりも武蔵野うどんに似ているなあ、とどちらも好きな自分はまた思うのでありました。

| 二郎 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/430-35efcda4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。