PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蓮爾さんこま店

20120616 001BBS
つけ麺のあるお店を考えていて、「あ、あの世田谷の支店にまだ行っていなかった」事に気付き、こちらを選択です。

蓮爾さんこま店の前に行列はなく入店しましたら後続の方々がぞろぞろ、本日もいいタイミングでの着席です。


20120616 003BBS
券売機のボタンには番号しか書いていないので一瞬焦りますが、番号が意味するメニューの詳細が上部に貼ってありますので落ち着いてメニューを選択です。
20120616 002BBS
つけ麺850円。
20120616 006BBS
「はいつけ麺の方ニンニク入れますか?」
「ニンニクアブラでお願いします。」
登戸店ではつけ麺のヤサイは別盛りだったと思いますが、今回はこの通り麺の丼に盛られて出てまいりました。
もしかしてアブラコールをしたから、だったのかもしれません。
20120616 008BBS
アブラをヤサイと馴染ませるようにしてスープに移し、まずはずっしりと手首に重みが伝わる麺を下から持ち上げまして対面を果たします。
府中二郎と比較される事の多い極太の麺をそっと数本掴み、畳みながら口中に押し込みそのボコボコな不揃いの感触を舌で楽しんだ後に咀嚼しますと、香ばしささえ感じる小麦の風味に感嘆です。
20120616 005BBS
思わず蒙古タンメン中本の冷し味噌スープを連想してしまう赤い表面脂層にその麺を漬け込み、下層のブタ味がしっかりと溶け出しているスープも共に絡めながらいただきます。
20120616 009BBS
見た目ほどの辛いものではなかったので、安心してたっぷりと赤い雪を降らします。

顎が疲れる程の暴力的な噛みごたえ、もはや「啜る」という表現は使えないレベルですね。
久々にこの系列で一番太いのではと言われる素晴らしい麺と格闘致しまして大満足です。


20120616 011BBS
twitterで日々異なるフレイバーの情報が伝えられ目を離す事のできないジェラテリア、渋谷東急フードショウのPARIYAにての本日のアフター蓮爾は、グレープフルーツ、アップルローズヒップ、パッションフルーツの「酸味コンビ」を選択です。

おまけに一匙テイスティングさせてくれるのも嬉しいお店ですね。

| 旧二郎&インスパイア | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/444-be0202d4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。