PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いごっそう

20120805 001BBS
「日陰で待てる」店シリーズ、本日は青梅街道までやってまいりました。

西武新宿線東伏見駅より武蔵関公園と早大グラウンドの間の道を抜け銭湯の脇を通って街道に出まして歩道橋を渡り、北裏の交差点に向かったところに見えたいごっそうの黄色い看板の下にはちょうど行列がなく、すぐに入店して座る事ができました。


20120805 003BBS
つけめん800円。

一応、なのですがここでは店主さんに聞かれるまでオーダーは言わない、という新青梅街道時代のルールを守っている自分です。
20120805 005BBS
「はいつけめんの方、ニンニクは?」
「ニンニクアブラでお願いします。」
「ニンニク~アブラ~」

復唱して頂けますのでトッピングの忘れはないのが嬉しいですね。
尚、つけめんの場合一味唐辛子はこのようにデフォルトで入りますので、辛みを必要としない方は抜いてもらうように伝えるようにしましょう。
20120805 004BBS
助手さん→店主さんの順番できっちりと締め盛られた麺は正に「いごっそうの麺」です。
二郎とは違う丸くて細めの麺をまずはそのまま口に含みまして小麦の香りを味わいます。
モチ感の強めなところにガシガシと噛みを入れ、相変わらずの「二郎というよりは東池袋大勝軒に似ている」感じの麺をわしわしといただきます。
20120805 007BBS
ここのアブラマシは「背脂チャッチャ系」に近い感じで細かく砕かれたものが入るのですが、醤油が強めに利かされたブタ味スープに溶け込んだところに麺を絡めてヤサイと共に夢中でわしわしと食べ進めます。
20120805 006BBS
味玉も沈めておき、黄身部分を麺に塗して食べるのが好きですね。

酸味は少なめでここのスープを濃くしたタイプのつけめん、二郎ジャンルを越えて好きな一杯の一つです。


20120805 009BBS
本日のアフターいごっそうは、新宿タカシマヤ11Fのドナテロウズにてキウイとパイナップルとレモンを選択です。

上野店よりもフレイバーが多いので悩んでしまいますが、「二郎後は酸味の強いフルーツ系」しっかりと守って楽しんでおります。

| 旧二郎&インスパイア | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/458-b8dcc604

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。