PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蓮爾 さんこま店

20131019 001BBS2
ついに秋になった今週の魔都、東京は行動しやすい気候と変わり、では直系とはまた違う個性的な麺を頂きに行きましょうか。

三軒茶屋よりは駒澤大学寄りな国道246号沿い、蓮爾さんこま店には待ちは無くすぐ座れましたが後にどんどんお客さんが続いておりました。


20131019 003BBS2
蓮エビ小つけ麺1000円。
ブタは少なめにしてもらいます。
20131019 004BBS2
「はいエビつけブタ少なめの方?」
「ニンニクアブラでお願いします。」
20131019 005BBS2
コールしたトッピングは麺の丼に施されるシステムです。
立ち昇る甲殻類の香ばしさに一瞬二郎の流れに存在する事を忘れてしまいそうになります。
20131019 006BBS2
しかしそんな思いも束の間、麺の丼からヤサイとニンニクをスープに移し麺と対峙致しますと、やはり黄色い悪魔の小麦粉であるオーションの芳しさが鼻中粘膜に纏わり、これからの刹那な楽しみ時間を約束してくれます。

あまりの太さにに2本もしくは3本ほどしか技量無い自分の箸捌きと顎力では捌ききれないのですが、ゴンゴン噛み大臼歯で擂り潰しながらその香りと甘みを引き出しえもいわれぬ気分を味わいます。
20131019 007BBS2
濃ゆいブタの旨味に濃ゆい醤油が合わされ、そこにたっぷりの干し海老が溶け込む「エビつけ」です。
20131019 009BBS2
ゴワバリの麺を沈めておき、浅漬けの麺を食べながら合間によく漬けの味が入った茶色く染まった麺を楽しみます。
20131019 008BBS2
もちろんその素敵な麺に赤いお化粧を施す事も忘れずにですね。


顎が疲れる程の咀嚼の徒労が徐々に快感に変わっていくのもここでの楽しみです。
しっかりと噛んでいただきましょう。




20131019 010BBS2
本日のアフター二郎は久々の渋谷東急フードショウのPARIYAにて、清美オレンジと梨を選択です。

季節感がよく出ている逸品ですね。

| 旧二郎&インスパイア | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/552-1329e6a2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。