PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

すずらん

R0021599BBS2.jpg
ワンタンメンのスイッチが入ってしまったようです(汗)。

本日は渋谷警察裏「すずらん」へ。


R0021600BBS2.jpg
ここでも心の葛藤があります。

・つけそばでワンタン
・ラーメンでワンタン
・坦々麺でワンタン

こういう場合は、シンプルなのを選ぶのが一番ですね。
という事でワンタンメン(醤油)1250円を選択です。

このお店の食器は全て白一色。
計算されつくした美しいビジュアルに思わずため息が漏れます。
R0021602BBS2.jpg
つけそばで展開されている種々の力強い麺たちがこのお店の花形ですが、「中華そば」メニューに使われているこの細麺もまた凄さを秘めたもの。

最初、ちょっと固いかな、と思いますが、スープを吸ってしっとりとスープと馴染み、小麦の味わいを残しながらも徐々に違った顔を見せてくれる、七変化な麺です。
R0021603BBS2.jpg
ワンタンはド迫力。

厚めのむっちりとした皮の中に、あらびきの肉がたっぷりと包み込まれ、噛むとジューシーな汁がこぼれます。
まるで小龍包の如く、ですね。
R0021605BBS2.jpg
表面にキラキラと油が浮かぶスープは「清湯」と表現されている通りに清らかなイメージ。

昨日に引き続き、とても優しい味わいのもの。
そしてやはりワンタンの味やとろけるチャーシューの味が徐々に溶け込んで、複雑に変化していうくのは昨日の八雲と同じく、ですね。
R0021606BBS2.jpg
この卓上においてある薬味がまたお気に入りなのです。

ワンタンに少々塗していただくのもおすすめです。


看板の味噌つけそば、そして限定メニューが魅力的でそちらをつい頼んでしまいますが、シンプルなラーメンメニューも素晴らしい、「悩み多き」お店なのですねえここは。

| ラーメン | 18:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/57-27949c3a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。