PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン二郎栃木街道店

RIMG0056BBS1.jpg
さすがに寒さは遠ざかり夏日が観測される4月最終週、では噂に聞くあのメニューが夏のつけ麺に入れ替わる日も近いのでは、と思い飛び石連休の本日早くから多摩を出発です。

このあたりはまだ田んぼに水が入っていないなあと伊達藩人の自分は観察しつつ到着したラーメン二郎栃木街道店の外行列は15人ほどでさくさくと進みました。


RIMG0055BBS1.jpg
もちろん本日ものどかな東武宇都宮線で壬生駅までの小旅行です。
RIMG0058BBS1.jpg
目的はこの100円足してのつけ麺味です。
暑くなってつけ麺が販売されるまでのメニューとして開発されたと想像致します。
RIMG0060BBS1.jpg
小ラーメンブタ一枚670円+TARO100円(現金で)+ショウガ100円+生卵50円。
ブタは一枚にしてもらいます。
RIMG0061BBS1.jpg
「はいニンニクは?」
「ヤサイ少なめニンニクアブラでお願いします。」
ニンニクコーナーとショウガコーナーとで楽しめる丼が届けられました。
RIMG0062BBS1.jpg
という事で真ん中の香味野菜なし部分を天地返ししましてデフォルトな味付けの麺を取り出します。
もっちりと歯が沈む触感に唸り、吹き出す小麦の旨味と香りに完敗です。
RIMG0063BBS1.jpg
つけ味、と言えばやはりめじろ台法政大学前店の大好きメニューな訳ですが、ここのはだいぶ違う方向性で、乳化なブタポタに強く効かされたラーメン二郎専用醤油と酸味と に、胡麻油がしっかりと主張し、まさにここのつけ麺スープが濃くなった味わいです。
RIMG0064BBS1.jpg
赤い雪は出が良い容器ですね。
RIMG0065BBS1.jpg
しっかりと味を絡ませた麺とヤサイを小鉢に移しての「つけあじすき焼き」をうっとりと堪能です。

帰りはもちろん壬生マダム御用達のスーパーシンユーにて新鮮な野菜や地元名産の湯葉等を購入するのがまた楽しいのでした。
くれぐれもエコバック、できれば保冷バックを持っていくのを推奨です(袋は有料)。





RIMG0066BBS1.jpg
本日のアフター二郎は趣向を変えまして新秋津の「焼き兵衛」にて生ビールセット(500円)を選択です。


立ち飲み天国の秋津、実は一人デビューでございました。



| 二郎 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/587-fdb59139

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。