PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン二郎めじろ台法政大学前店

RIMG0052BBS2.jpg
気温上昇初夏の趣き、ならば麺の温度を低めに設定なメニューのあるお店を訪問です。

さつきばれ爽やかな空気の八王子の高台の街、ラーメン二郎めじろ台法政大学前店の行列はちょうど着席が進み途切れたところ、ほぼ待たずに座ることができました。



RIMG0053BBS2.jpg
小ラーメン麺少な目700円+つけ麺150円+生卵50円。

ブタは一枚にしてもらいます。
RIMG0054BBS2.jpg
「はい?」(手かざし)
「ニンニクアブラでお願いします。」
いつもの通りに同ロット8割ほどの方々がアブラコール、ここの風物詩ですね。
RIMG0055BBS2.jpg
漆黒の丼に盛り付けられた褐色の麺肌、まずはそのまま頂いてみます。
しっかりと水で絞められた麺はごわり、とグルテンが弾み、噛み切れば小麦の旨みと香りでいっぱいに満たされます。

そのまま麺だけを咀嚼し続けそうになりますが、緑の丼がお待ちかねです。
ライトなブタとしっかりと利かされたラーメン二郎専用醤油の黒い海に溶け込む蜂蜜の甘みと柑橘の酸味、アブラを下に落とし込みコクを演出、そこに麺とヤサイをとっぷりと漬け込んで頂く至福の時間です。
RIMG0058BBS2.jpg
「とうがらし」と書いてある銀色の入れ物はしっかりと量が出ますのでお気を付けを。
RIMG0059BBS2.jpg
そしてスープにダイブさせた麺をさらになまたまごに漬けていただく「つけ麺すき焼き」、これも最高でした。

中の方々三人が素晴らしい連携プレイで丁寧に仕上げてくれるめ二郎の一杯、今回も堪能させて頂きました。
遠路遥々という事になる立地ですが、それを忘れる程の満足度を保証できる黄色い看板でございます。





RIMG0060BBS2.jpg
本日のアフター二郎はバスで八王子駅まで、ルチアーノジェラートにてアプリコットとレモンとブルーベリーミルクを選択です。

トリプルがメニューに加わって嬉しかったですね。

| 二郎 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/591-062d6896

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。