PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン二郎上野毛店

RIMG0034bbs002.jpg
ゲリラ豪雨がやって来ないので拍子抜けな水無月後半、曇りの蒸し暑い午後にはやはりさっぱりとつけ麺が頂きたいものです。

遅めの時間にも関わらずラーメン二郎上野毛店の前には数人の待ちがあり、次から次へとお客様が来店しておりました。


RIMG0035bbs002.jpg
小ラーメン700円+つけ麺150円+生卵50円。
ブタは一枚にしてもらいます。
RIMG0036bbs002.jpg
「はいつけ麺の方ニンニクは?」
「ニンニクアブラでお願いします。」
相変わらずの「カタメ」「カタカタ」コールが飛び交う店内ですね。
RIMG0038bbs002.jpg
しかしながら上野毛店デフォルトの茹で上がりを愛する自分です。
ラーメンよりもさらに長い茹で時間を経て提供された麺は艶めく褐色の麺肌、掴んだ箸に既にモチ感が伝わり、しっかりと噛んで小麦の香りを引き出します。
RIMG0037bbs002.jpg
増したアブラで厚みを増した層の下にはラーメン二郎専用醤油と酢の輪郭のはっきりとしたブタコンソメスープ、そこにさばりと麺とヤサイを浸し、わしわしといただく至福の時間です。
RIMG0039bbs002.jpg
一度スープをくぐらせた麺を。
RIMG0040bbs002.jpg
卵の小鉢に移して、酸味あるすき焼き二郎を堪能です。
パフパフボトルの一味は今回こちらで多用させていただきました。

ここの食べやすいつけ麺は食欲の落ちる時期でも問題なくいけそうですね。




RIMG0042bbs002.jpg
本日のアフター二郎はファミリーマートで購入した冷凍みかんにしてみました。

半分ぐらいまで溶かして食べると鉄道旅の気分が味わえていいものですね。

| 二郎 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/596-d1f305d6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。