PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン二郎めじろ台法政大学前店

RIMG0108BBS+3.jpg
秋が一瞬顔を見せたかと思うとまだ夏がそこに居たという感じの今週、とは言え多摩の空はもう次の季節に移っている雰囲気で黄色い看板の上に広がっております。

新学期が始まり学生さん方が戻ってきた榛名橋あたり、ラーメン二郎めじろ台法政大学前店の行列は店内のみでしたが、タイミングの良い到着だった模様ですぐに外に行列が形成されました。


RIMG0109BBS+3.jpg
ところでめじろ台は基本的に完全ロット制二部構成で丼が提供されます。

なので到着時食べている方がいないと相当待つことになりますので、時間の余裕を持って訪れたいお店です。

先に届けられた生卵に準備を施し、茹で上がりまでを待つ間の時間が楽しいのです。
RIMG0110BBS+3.jpg
小ラーメン麺少なめ700円+つけ麺150円+生卵50円。
ブタは一枚にしてもらいます。
RIMG0112BBS+3.jpg
「はいつけ麺の方ニンニクは?」
「ニンニクアブラでお願いします。」
メニューによって使う丼が定まっているこのお店ですが、つけ味の時はこの丼に麺も入りラーメンの形状になるのが決まりです。
RIMG0111BBS+3.jpg
丁寧な盛り付けのそちらの丼に目が釘付けになりながら、まずは麺の方から、が自分のセオリーです。
しっかりと水で締められた褐色の麺肌が艶めき、ウェーブのかかった形状で箸から逃げそうになるのをがしりと捕まえて咀嚼しますと、香ばしいとまで表現したくなる濃ゆい小麦の香りと甘みで口中が満たされます。
RIMG0113BBS+3.jpg
非乳化ながらブタの旨みがが溶け出しているこちら独特のスープに利かされた柑橘の酸味、増したアブラと共にしっかりと麺とヤサイに乗せてわしわしと頂く至福の時間です。
RIMG0114BBS+3.jpg
麺肌を美しく赤で彩り頂いたり。
RIMG0116BBS+3.jpg
そしてやはり一番のお楽しみは「酸味たっぷりすき焼き二郎」です。
最初に「じっくり漬け込みコーナー」をスープ丼内に作っておき、味を染み込ませた色の入った麺を使って楽しむのを推奨です。
少なめとは言え結構な麺の量がするすると面白いように入って行きます。

つけ麺も素晴らしいですが、やはり「め二郎」での一番のお気に入りは「つけ味」なので、次回はそちらを存分に楽しみたいと思います。




RIMG0117BBS+3.jpg
本日のアフター二郎はバスで移動した八王子駅にありますルチアーノ・ジェラートにて、スタンプが一杯になったので無料でシングル一つ頂けるとの事、ならば原点に還ってルチアーノグループの基本中の基本、「みるくの黄金律」を選択です。

牛乳の美味しさがぎゅっと詰まった美味しいアイスクリーム、まずはこれを食べてみることをお勧め致します。



| 二郎 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/609-e82f41fc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。