PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン二郎千住大橋駅前店

R0011438BBS+500.jpg
南千住駅から歩いて千住大橋を渡りますと、寒いながらも隅田川には春の雰囲気が漂っておりました。

ちょうどお客さんが途切れた瞬間だったのか、ラーメン二郎千住大橋駅前店の前には数人の待ちがあるのみで幸運でした。


R0011440BBS+500.jpg
先に届く椀に支度をして出来上がりを待ちます。
R0011441BBS+500.jpg
小ラーメン麺少なめ700円+生卵50円。
R0011442BBS+500.jpg
「ニンニク入れますか?」
「ヤサイ少なめニンニクアブラでお願いします。」
浮かぶ危険な透明の液体に千住大橋に来ている事を実感です。
R0011443BBS+500.jpg
その表面脂層を掻き分けずぶりと箸を差し入れて麺を取り出す瞬間の昂揚感が堪りませんね。
ぬらりとアブラを纏った麺は柔らかめの茹で上がりで、噛めばもちりと歯が入り、小麦の香りが吹き出します。
R0011444BBS+500.jpg
深海部分に沈むのは非乳化のブタコンソメにラーメン二郎専用醤油がシャープに利かされた黒い海、そこで味が染み込んだ麺を上層部に漬けながら油そばのようにしていただく至福の時間です。
R0011445BBS+500.jpg
こちらの一味は一振りでそれほど出ないので安心して量を調整できますね。
胡椒は白だけです。
R0011447BBS+500.jpg
「アブラすき焼き」ももちろん堪能です。

二層式の海にモチモチの麺、こちらもオリジナリティ溢れる黄色い看板ですね。



R0011449BBS+500.jpg
今日のアフター二郎はスイーツではなく「春はあげもの」にしてみました。

常磐線で戻った上野の肉の大山にて生ビールとハムカツを選択です。
立ち飲みの聖地で一番女子がおひとりさまでも入りやすいお店ではないかと思います。

| 二郎 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/634-ff495096

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。