PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン二郎環七一之江店

R0011556BBS+501.jpg
今年の都営地下鉄春のワンデーパスは来週末からですが、どうしてもあの汁なしが食べたくなったので西から東へ向かいました。

もう春がそこまで来ている気温の中、ラーメン二郎環七一之江店の前には駐車場中ごろまでの行列がありましたが、すいすいと進み30分ぐらいで着席です。


R0011557BBS+501.jpg
最初に届く小鉢に卓上調味料で準備をして待つ時間がなんと幸せな事か。
R0011558BBS+501.jpg
汁なしラーメン650円+生卵50円。
ブタは一枚にしてもらいます。
R0011559BBS+501.jpg
「はい女性の方?」
「魚粉ニンニクアブラでお願いします。」
ここにしかないトッピングのためコールで緊張するのはいつものことです。
R0011560BBS+501.jpg
ちゃんと噛まずに言えた事に安心する暇もなくまずは目的の麺に会うべくがっつりと箸を差し入れて天地返しです。
ほかほかと湯気を上げて登場した褐色の麺肌を愛でるように掴み上げ咀嚼、柔らかめの茹で上がりでもっちりと歯に吸い付くが如く心地よく噛み切れ、吹き出す小麦の甘みと香りに痺れます。
R0011562BBS+501.jpg
その麺肌に絡むのは濃ゆくラーメン二郎専用醤油の効かされた美味なるブタコンソメのトロンとした海です。
増したアブラがトロトロと蕩けるのを春キャベツたっぷりのヤサイと麺に纏わせて頂く幸せな時間を楽しみます。
R0011564BBS+501.jpg
黒ギャバンのある幸せです。
一味と共に麺に刺激を加えてくれますね。
R0011563BBS+501.jpg
そしてすき焼き二郎へと進みます。

適量で女子にも優しい環七一之江店は、初めての二郎にもお薦めです。




R0011565BBS+501.jpg
本日のアフター二郎は、話題の場所へ行ってみました。
カルフォルニアから清澄白河に初上陸したブルーボトルコーヒーです。
R0011572BBS+501.jpg
一杯ずつドリップしてくれるシステム、日本の喫茶店がお手本になっているという話ですね。
R0011573BBS+501.jpg
シングルオリジンにしてみましたが、初めてのサードウェーブな味は「焦げ味」の無いもので、好みな傾向でした。
職場のある代官山にもうすぐできるらしいので楽しみです。





| 二郎 | 23:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。

一之江は2度行きました。
二郎らしからぬ?丁寧な接客が印象に残っています。
量が多くないので、初心者や女性に好適ですね。
今の自分でも楽勝で完食できそうです。

自分も汁無しを食べました。
汁が思ったより多いので、おやと思いました。

黒ギャバンは使ったこと無いです。
機会が有ったら、試してみましょう。

| りう | 2015/03/25 21:37 | URL | ≫ EDIT

Re: こんばんは。

>りうさん

東村山からはとっても遠い黄色い看板なのですが、一之江店は相当にお気に入りです。
もっちりしたオーションにいつも惚れ惚れしてしまいます。
少なめと言わなくていいのもいいですね。

そうそう、汁なしといっても「少なめ濃いめなスープ」が入っている感じですよね。
汁なしにだけ魚粉トッピングできるのもお気に入りの要因の一つです。

関内二郎も汁なしが有名ですが、そちらは最初から胡椒入りなので、一之江で途中から黒ギャバンを入れると関内風に味変されて得した気分になります。
カリカリと粒を噛むといい感じです。

| pinmama | 2015/03/26 10:47 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/640-e654125d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。