PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン二郎環七一之江店

RIMG0034BBS+501.jpg
梅雨明けとほぼ同時に今年の「都営夏のワンデーパス」が開始、ならばやはりこの黄色い看板を目指さなくては、です。

三連休最終日のラーメン二郎環七一之江店の行列は10人ほどでしばしの待ちで着席することができました。


RIMG0035BBS+501.jpg
先に届く小鉢に準備を施して出来上がりのコールタイムを待つ時間が楽しいのです。
RIMG0036BBS+501.jpg
汁なしラーメン650円+生卵(現金)50円。
ブタは一枚にしてもらいます。
RIMG0037BBS+501.jpg
「ニンニクは?」
「ニンニクアブラ魚粉でお願いします。」
尚、魚粉は汁なしのみのトッピングになりますのでお気を付けを。
RIMG0038BBS+501.jpg
魚粉部分は卵の小鉢に移しておき、まずは箸をずぶりと差し入れて天地返しを行います。
なまめかしく艶やかな麺肌を掴み上げて口中に投入しますともっちりと歯に吸い付くような食感、噛み切ればとたんに吹き出す小麦の香りと甘みに身も心も痺れます。
RIMG0039BBS+501.jpg
汁なし、と言っても多めのタレは濃い目に利かされたラーメン二郎専用醤油がキリリと決まり、そこに増したアブラを蕩けさせて麺とアブラにとっぷりと纏わせていただきます。
RIMG0040BBS+501.jpg
そしてここではお約束のギャバンの粗挽き黒胡椒と一味の赤と黒の雪を降らせて楽しみます。
胡椒のカリカリした食感と辛みでどんどん箸が進みますね。
RIMG0041BBS+501.jpg
小鉢の方では魚粉の香るすき焼き二郎、これも定番です。

麺量も減らさずとも食べられる適量で、安心して食べられる一杯なのでした。



RIMG0043BBS+501.jpg
本日のアフター二郎は、東京ソラマチのとちまるショップのとちおとめミルクジェラートを選択です。

グリコの「いちごフロート」という夏限定のアイスがご贔屓なのですが、このジェラートがその「真ん中のアイス部分」に味が似ているので気に入っております。





| 二郎 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/659-acdec9eb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。