PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン二郎小岩店

R0019828BBS+5013.jpg
いかにも梅雨時という湿った空気、しかし気温はそれほど高くならなかったのが有難い6月最後の金曜日でしたね。

降りそうで降らない灰色の空の下、ラーメン二郎小岩店の前の行列は短めで、それほど待たずに入店することができました。


R0019830BBS+5013.jpg
卓上調味料が増えた事をどなたかの呟きで拝見して早く肉眼で確認したかったのです。
ありました、魚粉ですね。
R0019831BBS+5013.jpg
少なめ650円+煮玉子100円。
ブタは一枚にしてもらいます。
残念ながら噂の「脂っKOIWA」は売り切れでした。
R0019833BBS+5013.jpg
「ニンニクは入れますか?」
「ニンニクアブラでお願いします。」
二郎の丼に煮玉子が入っているビジュアルはなかなか新鮮ですね。
R0019835BBS+5013.jpg
そのレアなグッズには後でご登場願うべく下に沈んで頂き、まずは念願の麺との対面です。
艶やかな褐色の麺肌を掴み上げ口中に投入しますと、歯を押し戻す弾力ありのもっちりな茹で上がりで、噛めば吹き出す小麦の甘さと香りにうっとりとします。
R0019836BBS+5013.jpg
揺蕩う海はほぼ非乳化の漆黒、表面脂層が厚めで専用醤油のシャープな辛みが効いたもの、そこに麺とヤサイをとっぷりと漬け込みながらわしわしと食らう、これぞ二郎を味わう至福の時間ですね。
R0019837BBS+5013.jpg
お約束の赤い粉でカプサイシン効果を加えまして。
R0019838BBS+5013.jpg
満を持して煮玉子を割ります。
白身部分にこれでもかと味が染み込んでこれは美味しいですね。
おつまみにしたらお酒が進みそうです。
R0019839BBS+5013.jpg
そしてニューメンバーの魚粉で味変をしてみます。
もちろん合う事は環七一之江の汁なし等で確認済みです。

「脂っKOIWA]が品切れで残念でしたが、相変わらずの安定した味わいを存分に楽しめて大満足でした。




IMG_3502BBS+5013.jpg
本日のアフター二郎は森下の名店」山利㐂」さんを初訪問です。
IMG_3504BBS+5013.jpg
こちらの名物「にこみ」の煮玉子も味が染みていて最高でした。
ガーリックトーストとの相性が抜群ですね。



| 二郎 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/686-b755da62

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。