PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン二郎小岩店

R0022770BBS2.jpg
「小春日和」は「小岩日和」、って事で。

ラーメン二郎小岩店へ。


R0022772BBS2.jpg
卓上に魚粉が置かれるようになったのですね。

自分で自由に入れられるのはここと桜台店だけ、ではないでしょうか。
早く入れてみたくてワクワクします。
R0022774BBS2.jpg
小ラーメンニンニク700円。

ヤサイマシしていませんが結構いい盛りの丼が到着しました。
R0022776BBS2.jpg
ちょっと柔らかめに茹で上がった麺は、カネシの吸い込みがよく早くも茶色く染められております。
そこにわしわしと食らいつく瞬間が最高に幸せ。
R0022777BBS2.jpg
修行店である神田神保町店譲りであろう液体脂の層。
家系の「油多め」かと思うかの如くにたゆたっております。

そこにガシッとヤサイを漬け込んでいただくのがまた醍醐味なんですなあ。
R0022779BBS2.jpg
カレーほどではありませんが、魚粉入りの二郎も相当好みです。

流行りの「濃厚な豚+サカナ」、なのに全く今どきのラーメンとは違うベクトルを向いているのが素晴らしい。
二郎という食べ物のオリジナリティ度は他に類をみないなあ、と思うのはこういう時です。


1521892_3239938418BBS2.jpg
ところでこれはこの店の2年前の小ラーメンニンニク。
当時は550円だったかと思います。

値段は上がったけど盛りはその分多くなっているようですね。



店内の殺伐度もなかなか、でまさに「黄色い悪魔」を楽しめるお店。
東京の東の端まで遠征する価値のある一杯でした。

| 二郎 | 17:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menkoitei2.blog35.fc2.com/tb.php/86-d92e63ae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。